エアロセンス自律型無人航空機で大規模な土量測量を実施

2016年5月18日

 

 

 

報道各位

エアロセンス株式会社
東京都文京区小石川五丁目41番10号

 

エアロセンス自律型無人航空機で大規模な土量測量を実施
~南三陸町:盛土工事90ヘクタール分の測量工期・コストを大幅に削減~

 

 エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、2016年3月末に、自社製の自律型無人航空機システムを活用して、南三陸町で震災復興工事をしている約90ha(東京ドーム19個分)の土地を3Dモデル化し、3D CADの造成計画図と合成して切盛土量を自動計算し、従来手法比1/3の工期で、90ha全域の工事進捗を高精度・高密度に定量化・可視化致しました。

【実施したオペレーションの概要】

使用機体:AS-MC02-P        飛行面積:約90ha
飛行日数:3日(30ha/日)    撮影枚数:約6,000枚
飛行仕様:フライトパスに基づき自律飛行(プロポ操縦無し)

測量結果(90ha全域高精度3Dモデル)

測量結果(90ha全域高精度3Dモデル)

土量計測結果(グレー色は造成完了部分)

土量計測結果(グレー色は造成完了部分)

CADモデルと測量結果との合成

CADモデルと測量結果との合成

造成計画(宅盤)対比の土量多寡

造成計画(宅盤)対比の土量多寡

【エアロセンスの土量測量ソリューションのメリット】

工期短縮 従来手法6週間 → 弊社手法2週間(1/3に短縮)
高精度 平均誤差:平面方向3cm、垂直方向5cm
最大誤差:平面方向5cm、垂直方向10cm
高密度 土量計算ピッチ 従来手法20m → 弊社手法50cm(任意設定可能)
コスト削減 従来比およそ1/2
発展性 機体開発からデータ処理、クラウドサービスまでを全て自社で有し、お客様の目的に最適で安全なオペレーションをカスタマイズ提供可能。次回実施時は、全体フローを更に最適化し、工期1週間を目指す
全国展開 株式会社ZEGの協力のもと、全国8エリアからサービス提供が可能

【飛島・大豊・三井共同建設コンサルタント 南三陸町震災復興事業共同企業体様の声】

  • 従来手法では計測に1ヶ月以上かかり、その間に盛土工事が進んでしまうため(最大10万㎥)、工事の進捗を正確に把握することが難しかった。(現場所長様)
  • 50cmメッシュ(実用上)で土量計算ができるため、より精度の高い土量算出が可能となった。(現場主任様)

【本件お問い合わせ先】
エアロセンス株式会社
東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL: 03-4405-8535

エアロセンス株式会社について

エアロセンスは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社と株式会社ZMP(以下、ZMP)の合弁会社として、2015年8月に設立されました。エアロセンスは、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かし、自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションの提供を通じて、より効率的なモニタリング・測量・管理・物流等を実現し、環境に配慮し安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。エアロセンスの詳細については、www.aerosense.co.jp をご参照ください。

pdfのダウンロードはこちら

エアロセンス、ウェザーニューズと協力しドローンによる気象観測ネットワークを構築

News Release

2016年4月26日


報道関係各位

エアロセンス株式会社
株式会社ウェザーニューズ

エアロセンス、ウェザーニューズと協力し
ドローンによる気象観測ネットワークを構築


〜低層域の気象観測を強化し、ゲリラ雷雨など局地予測や災害の発生を監視〜

エアロセンス株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)と株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁、以下ウェザーニューズ)は、全国8エリアのエアロセンスのオペレーションセンターで運航する自律型無人航空機(以下、UAV)にウェザーニューズの気象観測センサーを搭載し、低層域の気象観測ネットワークを構築することを合意しました。本ネットワーク構築により、ウェザーニューズはゲリラ雷雨や霧などの局地的な気象現象の監視や、災害発生時の気象把握を行い、気象サービスの品質向上を目指します。また、エアロセンスはウェザーニューズから気象情報の提供を受け、測量・物流ミッション等における安全飛行の高度化を目指します。今後、ウェザーニューズはUAVに搭載する観測センサーの開発を行い、今夏から共同で実証実験を行う予定です。

 

ドローンによる気象観測ネットワークを構築、局地気象の監視を強化

観測センサーを搭載予定のエアロセンス製UAV

観測センサーを搭載予定のエアロセンス製UAV

エアロセンスとウェザーニューズは、ドローンと気象という親和性の高い分野での双方のノウハウやリソースを活用し、新たな価値を世の中に提供できるのではと検討を重ねて参りました。
この度、エアロセンスが全国8エリアに展開しているオペレーションセンターで運航するUAVにウェザーニューズの小型の気象観測センサーを搭載し、低層域の気象観測ネットワークの構築を行います。これによりウェザーニューズはゲリラ雷雨や霧などの局地気象の監視強化および、気象サービスの高度化を目指します。また、エアロセンスが測量・物流ミッション等を行う際には、ウェザーニューズから気象情報の提供を受け、更なる安全飛行を目指します。
今後、ウェザーニューズはUAVに搭載する観測センサーの選定および開発を行い、今夏から共同で実証実験を開始する予定です。実証実験終了後には第一段階として、大規模イベントの開催時や、首都圏の降雪など社会的影響が大きい事象が発生した際に都度観測を行い、段階的にエアロセンスの運航する全てのUAVに気象観測センサーを展開します。
エアロセンスは自社の自律型ドローンプラットフォームを活用し、今後も様々な業種・業態のリーディングカンパニーと連携協力して、環境に配慮し安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。

以上

 

エアロセンス株式会社について

エアロセンスは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社と株式会社ZMP(以下、ZMP)の合弁会社として、2015年8月に設立されました。エアロセンスは、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かし、自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションの提供を通じて、より効率的なモニタリング・測量・管理・物流等を実現し、環境に配慮し安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。エアロセンスの詳細については、www.aerosense.co.jp をご参照ください。

 

株式会社ウェザーニューズについて

ウェザーニューズは、1970年に小名浜港で起きた海難事故をきっかけに、「船乗りの命を守りたい」という想いから気象リスクを最小限におさえるための対応策情報を提供する会社として1986年に創業しました。現在、海運・航空・道路・鉄道などの交通インフラから一般ユーザー向けの天気コンテンツやスポーツの分野まで、世界約50カ国・44市場に対して問題解決のための対応策情報を24時間365日提供しています。また、サービス品質を向上し多様化するニーズに応えるため、既存の観測インフラに加えて、最新の技術を活用した独自の観測インフラネットワークの構築にも取り組んでいます。

 


【お問い合わせ先】

エアロセンス株式会社
〒112-0002 東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL:03-4405-8535 FAX:03-5802-6908

株式会社ウェザーニューズ 広報:井上
〒261-0023 千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデン
TEL:043-274-5504 FAX:043-274-2130
Email:wni-koho1@wni.com

pdfのダウンロードはこちら

エアロセンス株式会社、MSD株式会社、アルフレッサ株式会社 ドローンによる医薬品配送事業モデル構築で連携

News Release


2016年4月6日

報道関係各位

エアロセンス株式会社
MSD株式会社
アルフレッサ株式会社

エアロセンス株式会社、MSD株式会社、アルフレッサ株式会社
ドローンによる医薬品配送事業モデル構築で連携

エアロセンス株式会社(本社:東京都文京区、社長:谷口 恒、以下エアロセンス)、MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:トニー・アルバレズ、以下MSD)およびアルフレッサ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:増永 孝一、以下アルフレッサ)は本日、ドローンを用いた医薬品配送事業の早期実用化に向けて連携することで合意したと発表しました。

ドローンの技術は日々進化を続けており、現在様々な業種・業態においてビジネス開発が進んでいます。医薬品事業において、災害時の孤立地のみならず、平時に離島や遠隔地にも確実に医薬品を届けることは今後解決すべき社会課題のひとつです。ドローンによる医薬品配送は、現在用いられている陸上配送に加えて、有力な輸送手段のひとつとして期待されています。

今回の連携において、エアロセンスは、実用化に向けたドローンの技術的な課題の解決、MSDは、関連規制、医薬品および医薬品パッケージに関する知識・知見を含めた医薬品配送に必要なノウハウを提供、アルフレッサは、物流ならびに配送に関する知見を提供し、三社が連携・協力して医薬品配送のビジネスモデルの構築を目指します。また国家戦略特区にて実証実験を重ね、災害時における医薬品の緊急輸送の実施に備えていきます。

エアロセンス製の自律型無人航空機システムを活用

(エアロセンス製の自律型無人航空機システムを活用)

(垂直離着陸型の飛行が可能なため、滑走路は不要)

(MSD/アルフレッサのロゴの下に医薬品等を搭載) 

(自律型の飛行が可能なため、操縦者は不要)

以上

エアロセンス株式会社について
エアロセンスは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社と株式会社ZMP(以下、ZMP)の合弁会社として、2015年8月に設立されました。エアロセンスは、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かし、自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションの提供を通じて、より効率的なモニタリング・測量・管理・物流等を実現し、環境に配慮し安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。エアロセンスの詳細については、www.aerosense.co.jp をご参照ください。


MSDについて
MSDは125年にわたりグローバルヘルスケアリーダーとして、すこやかな世界の実現を目指し努力してまいりました。MSDはMerck & Co., Inc., Kenilworth, N.J., U.S.A.が各国(米国とカナダ以外)で事業を行う際に使用している名称です。医療用医薬品、ワクチン、バイオ医薬品およびアニマルヘルス製品の提供を通じてお客様と協力し、世界140カ国以上で事業を展開して革新的なヘルスケア・ソリューションを提供しています。また、さまざまなプログラムやパートナーシップを通じて、医療へのアクセスを推進する活動に積極的に取り組んでいます。MSDの詳細については、www.msd.co.jpやMSDのFacebookYouTubeをご参照ください。


アルフレッサ株式会社について
アルフレッサは、お得意様や患者様が必要とする医薬品等を必要な時に、必要な量を、必要な場所へ「安心・安全・高品質」にお届けする社会的使命を担っております。東名阪、甲信越および九州を営業エリアとし、医薬品、検査試薬、医療機器などの国内外のメーカーをほぼすべて取り扱う「フルラインの品揃え」とそれを支える「万全の品質管理と安心・安全の納品体制」に加え、質の高い「情報提供力」によりお得意様や患者様の多様なニーズに柔軟に即応出来るよう取り組んでおります。アルフレッサの詳細については、www.alfresa.co.jpをご参照ください。



【お問い合わせ先】

エアロセンス株式会社
〒112-0002 東京都文区小石川五丁目41番10号
TEL:03-4405-8535 FAX:03-5802-6908

MSD株式会社 広報部門
〒102-8667 東京都千代田区九段北1-13-12 北の丸スクエア
TEL:03-6272-1001 FAX :03-6238-9136

pdfのダウンロードはこちら

エアロセンス自律型無人航空機で法人向けソリューション提供開始

2016年3月8日

報道各位

エアロセンス株式会社

東京都文京区小石川五丁目41番10号

 

 

エアロセンス自律型無人航空機で法人向けソリューション提供開始

~量産体制及び全国8エリアでのオペレーション体制を確立~

 

 

エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、自社製の自律型無人航空機(以下、UAV)の量産体制及び、全国8エリアでのオペレーション体制を確立し、法人向けソリョーション提供を開始いたしました。

 

【ソリョーションのメニュー】

  • モデリングソリューション
    • 対象:各種法人
    • 内容:地形や構造物の2D(分解能数mm)/3D(分解能数cm)モデルを作成
    • 価格:20万円~(1ha以上の想定)

 

  • 土量測量ソリューション
    • 対象:土木・建設会社、設計会社、等
    • 内容:3Dモデル精度10cm程度で土量(盛土切土)等を計測
    • 価格:5万円/ha~(4ha以上の想定)

 

  • 定期点検ソリューション
    • 対象:不動産管理会社、大型施設の運営会社、土木・建設会社、等
    • 内容:定期的に空撮し、目的物の経過をモニタリング(クラウドデータ管理可)
    • 価格:頻度等に応じてご相談

 

  • その他カスタマイズソリューション
    • 対象:各種法人
    • 内容:目的に応じて最適な飛行方法・データ解析・管理を提供(画像認識可)
    • 価格:個別にご相談
 

【量産モデルのリリース】

特長①:操縦の要らない、安定した自律飛行が可能
特長②:使い勝手が向上(ケースから取り出してから5分で飛行可能)
特長③:機体・操作端末・クラウドがシームレスにつながり、データ転送・処理が自動化

                                        (側面図)

側面図

                                        (上面図)

上面図

 
?????????????????????????????????????�ZEG????????????????????
 

【ZEG会社概要】

 株式会社ZEG(東京都文京区、代表取締役:谷口恒)は、自動運転技術分野の技術力を有する株式会社ZMP(以下、ZMP)と、ソフトウェア検証で豊富な実績を持つ株式会社ハーツユナイテッドグループ(以下、HUG)の合弁会社として2015年1月に設立され、ZMPのセンシングやデータ収集・解析技術と、HUGのソフトウェア検証ノウハウを組み合わせ、主に車載ソフトウェア検証のためのテスト走行、自動車関連機器、実験用ロボットカー、その他各種ロボットを対象とした実証実験サービス、実機検証サービス及びデータ取得サービスを提供しています。(URL : http://www.zeg.co.jp/

 
 

【エアロセンス会社概要】

社名 エアロセンス株式会社
Aerosense Inc.(英語名)
本社所在地 東京都文京区小石川五丁目41番10号
設立年月 2015年 8月3日
資本金 1億円
資本準備金 1億円
出資比率 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社:50.005%
株式会社ZMP:49.995%
役員 代表取締役 谷口 恒 (ZMP 代表取締役社長)
取締役 佐部 浩太郎
取締役 嶋田 悟
取締役 小田島 伸至
監査役 高島 要
事業内容 自律型無人航空機によるセンシングとクラウドによるデータの処理・ 管理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・製造・販売
URL http://www.aerosense.co.jp
 

【本件お問い合わせ先】

エアロセンス株式会社

東京都文京区小石川五丁目41番10号

TEL: 03-4405-8535

 

プレスリリースのダウンロード