Aerosense_logo_leftside.jpg

2018年9月4日

 

 

 

報道関係者各位

エアロセンス 株式会社

   讀賣テレビ放送「~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤル ゴルフクラブ」
AEROBO®空撮を採用
―ゴルフコースを3次元化―

  この度、エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)が開発・製造・販売しているAEROBO®製品を活用したAEROBO®空撮(AEROBO®(産業用日本製ドローン)、AEROBO®マーカー、AEROBO®クラウド(高速データ処理クラウドソフト)のパッケージサービス)が、讀賣テレビ放送株式会社(大阪市中央区、代表取締役社長:伝川幹、以下讀賣テレビ)が放送した、「~全英への道~ミズノオープン at ザ・ロイヤル ゴルフクラブ」の現場において、詳細なコースの3次元データを生成するために採用されました。

  従来の中継カメラでは表現困難であったゴルフコースの細かいアンジュレーションを表現し、精度の高い3次元データを素早く作成することで、選手目線のコース戦略をより分かりやすく視聴者にお届けできるAEROBO®空撮は、新たな映像体験を提供します。詳細は、当社HPの「お客様VOICE-導入事例」ページをご参照ください。(http://www.aerosense.co.jp/case-0021

<ゴルフコースでの使用事例>

無題.png


AEROBO®(エアロボ)はエアロセンス株式会社の登録商標です。

【お問い合わせ先】
エアロセンス株式会社(www.aerosense.co.jp)
東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL: 03-3868-2551、Email: contactus@aerosense.co.jp

pdfのダウンロードはこちら