Aerosense_logo_leftside.jpg

2018年7月12日

 

 

 

報道関係者各位

エアロセンス 株式会社

    建機レンタル最大手の㈱アクティオが AEROBO®測量 2.0 を採用
―「i-Rensulting×AEROBO」で各地の建設会社と UAV 測量を内製化―

  この度、エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)が開発・製造・販売している AEROBO® Marker(エアロボマーカー:GPS 搭載対空標識)を活用した AEROBO®測量 2.0(AEROBO®(産業用日本製ドローン)、AEROBO®マーカー、AEROBO®クラウド(高速データ処理クラウドソフト)のパッケージサービス)が、株式会社アクティオ(東京都中央区、代表取締役社長兼 COO:小沼直人、以下アクティオ)に採用されました。

  アクティオは、約10年前からいち早くICT施工やi-Constructionの取り組みを実施し、測量、設計から施工、管理にいたる全プロセスにおいて、各種関連製品・技術のレンサルティングをし、全国で数百件以上の現場に導入をしています。

  これまで、UAV 測量導入実施時に工数がかかっていた「標定点や検証点の設置・計測・回収」を AEROBO®測量の主力製品である AEROBO®マーカーを使うことにより、簡便化・省力化でき、各地の建設会社でUAV測量の内製化が広がっています。詳細は、当社 HP の「お客様 VOICE-導入事例」ページをご参照ください。
http://www.aerosense.co.jp/case-0018

<AEROBOマーカーでのUAV測量事例>

アクティオ.png


AEROBO®(エアロボ)はエアロセンス株式会社の登録商標です。

【お問い合わせ先】
エアロセンス株式会社(www.aerosense.co.jp)
東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL: 03-3868-2551、Email: contactus@aerosense.co.jp

pdfのダウンロードはこちら