Aerosense_logo_leftside.jpg

2018年3月26日

 

 

 

報道各位

エアロセンス 株式会社

 

太陽光発電所建設を手掛ける㈱ギガソーラーがAEROBO® 測量(レーザー)を採用
~有人機航空測量よりも安価で高精度な測量を実現~

 

  この度、エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)が開発・製造・販売しているAEROBO® Marker(エアロボマーカー:GPS搭載対空標識)を活用したドローンレーザー測量などが、株式会社ギガソーラー(東京都港区、代表取締役社長:青木克伸、以下ギガソーラー)が取り組まれている太陽光発電所建設の測量に採用されることになりました。

  ギガソーラーは、高出力・高効率・高収益な太陽光発電所を実現するために、用地開拓から発電システムの設計・施工・維持管理に留まらず、ファイナンス組成や税務関連に至るまで、各方面の企業と連携して総合的に提案し、大規模な太陽光発電所を中心に建設しています。

  そのような取り組みのなかで、従来の有人機による航空測量よりも安価で高精度な測量として、エアロボマーカーを活用したドローンレーザー測量が採用されました。エアロセンスは、測量サービスだけではなく、ドローンの研修や飛行申請支援なども実施し、より効率的な測量や維持管理の方法を実現すべく、継続的にサポートしています。詳細は、当社HPの「お客様VOICE-導入事例」ページをご参照ください。
http://www.aerosense.co.jp/s/case0012.pdf

<太陽光発電所建設における採用事例>
左図:ドローンレーザーによる3D点群モデル。右図:1mピッチのコンター(等高線)図

図1.png

AEROBO®(エアロボ)はエアロセンス株式会社の登録商標です。

【お問い合わせ先】
エアロセンス株式会社(www.aerosense.co.jp
東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL: 03-3868-2551、Email: contactus@aerosense.co.jp

pdfのダウンロードはこちら