Aerosense_logo_leftside.jpg

2018年2月19日

 

 

 

報道各位

エアロセンス 株式会社


㈱熊谷組がビオトープ植生管理にAEROBO® Marker/Cloud
(エアロボマーカー/クラウド)を採用
~傾斜地における植生管理の作業低減ならびに精度向上に貢献~

  この度、エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)が開発・製造・販売しているAEROBO® Marker(エアロボマーカー:GPS搭載対空標識)ならびにAEROBO® Cloud(エアロボクラウド:ウェブブラウザ上の産業用ドローン向け画像処理サービス)が、株式会社熊谷組(東京都新宿区、取締役社長:樋口靖、以下熊谷組)が取り組まれている「ホタルの棲める環境づくり(ホタルビオトープ技術)」の植生管理に採用されることになりました。

  植生の把握には、定期的なモニタリングが必須ですが、草木が生い茂り、人が入れない傾斜地などの場所では、これまで全体および細部の把握が困難でした。そこで熊谷組はドローンを活用した上空からの撮影を始められ、その現場での作業低減、画像処理の効率化ならびに精度向上を目的に、トライアルでの検証を経て、当社のエアロボマーカーとエアロボクラウドを採用されました。詳細は、当社HPの「お客様VOICE-導入事例」ページをご参照ください(http://www.aerosense.co.jp/case-0008)。


<ホタルビオトープの植生管理における採用事例>

AEROBO®(エアロボ)はエアロセンス株式会社の登録商標です。

【問い合わせ先】エアロセンス株式会社(www.aerosense.co.jp)
東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL: 03-3868-2551、Email: contactus@aerosense.co.jp

pdfのダウンロードはこちら