Aerosense_logo_leftside.jpg

2017年9月26日

 

 

報道各位

エアロセンス 株式会社
 

産業用ドローン向けクラウドサービス「エアロボクラウド」
並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現

  エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、産業用ドローン向けi-Construction対応クラウドサービス「エアロボクラウド」においてクラウド並列処理の実装により、写真測量処理の大幅な高速化を実現し、3Dモデル の即日仕上げが可能な改良版を本日リリースしました。

  エアロボクラウド(https://aerobocloud.com)は、ドローンを活用した測量や点検業務をサポートするために、大量の撮影データやフライトの管理、点群や3Dモデルを作成する写真測量処理など、一連のワークフローをブラウザだけで簡単に実現できるクラウドサービスです。

  昨今の国土交通省によるi-Constructionの推進(「ICT の全面的な活用(ICT 土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取組)の下、ドローンによる測量・点検が普及していく中、データ処理の低価格化・効率化・高度化が求められています。エアロボクラウドでは、そのようなニーズに応えていくべく、高性能なPCや専用のソフトウェアの購入といった高額な初期投資の要らないブラウザ上でのサービスを提供し、今回の処理の高速化に続き、自動画像認識など、順次機能を拡充していきます。


ブラウザだけで始めるドローン写真測量

  エアロボクラウドでは、高性能なPCや専用のソフトウェアを購入せずにドローン測量をこれまで以上に安価で高速に始めることが可能です。写真をアップロードするところから、成果物のオルソ画像(歪み修正画像)や3Dモデルもブラウザ上で確認できます。

図: ブラウザ上での3Dモデル表示
 

図1.png

エアロボクラウドの高速処理による即日仕上げ

  エアロボクラウドでは、クラウド上で点群やオルソ画像、3Dモデル等を作成する写真測量処理を、クラウド上で高速に並列実行することで、従来の同サービスでの処理に比べ最大5倍程度の高速化を実現しました。デスクトップのマシンで処理すると、200枚の処理でも半日以上かかっていましたが、エアロボクラウドを利用すると1-2時間程度という短時間で処理することが可能となりました。

図2.png

エアロボマーカーを用いた自動補正処理にも対応

  エアロボクラウドは、弊社のエアロボマーカー(RTK精度のGPS機能を搭載した対空標識)と連携しており、これまでの煩雑なGCP(地上基準点)の入力を行わなくてもエアロボマーカーのログファイルと空撮画像をアップロードするだけで、写真測量処理を自動で行うことができます。これにより、手間のかかる処理を省略でき、簡単にドローン測量を始めることが可能です。

図3.png

AEROBO®(エアロボ)はエアロセンス株式会社のサービスの登録商標です。


【お知らせ】
2017年10月、G空間EXPO2017:地理空間情報フォーラムに出展します。
エアロセンスブースでは、3次元モデリング体験ができます。
2017/10/12(木)-14(土)@日本科学未来館 東京・お台場1F-20
▼G空間EXPO2017
http://www.g-expo.jp/
▼紹介ページ(エアロセンスは20です)
http://www.g-expo.jp/forum/exhi_vender.html

pdfのダウンロードはこちら