2017年6月30日

 

 

 

報道各位

エアロセンス 株式会社

GPSマーカーとドローンを連携させた測量ソリューション
「エアロボ測量2.0」を開発。7月よりサービス提供開始
~現場での測量工数とデータ後処理工数を大幅に削減~

  エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恵恒、以下エアロセンス)は、弊社のドローンとクラウドデータ処理を統合した「エアロボ測量」システムに、新開発の「エアロボマーカー」というソリューションを加えることで「エアロボ測量2.0」を実現しました。エアロボマーカーは、ドローン飛行中に現場に置いておくだけでマーカーの位置を高精度に測位し、さらに独自のクラウド後処理と組合せ、大幅に後工程の手間を削減するもので、7月よりサービス提供を開始します。なおエアロボ測量2.0は、2017年7月19日(水)から21日(金)に東京ビッグサイトで開催されるメンテナンス・レジリエンス TOKYO 2017:i-Construction 特集にて出展します。

  土木・建設業界では人手不足が大きな課題となっており、国土交通省は、「ICT の全面的な活用(ICT 土工)」等の施策を建設現場に導入することによって、建設生産システム全体の生産性向上を図り、もって魅力ある建設現場を目指す取組であるi-Constructionを推進しています。そのi-Construction基準に沿った測量の精度を出すためには、現場にマーカー(3Dモデルを補正するための対空標識)を設置し、そのマーカーを別途測量する必要がありました。エアロセンスは、GPS測位機能を搭載したエアロボマーカーを開発し、そのマーカー位置情報と3Dモデルとの対応処理を自動化させ、i-Construction基準に沿ったドローン測量をより簡便にできるようにしました。エアロセンスは、このようにトータルシステムを開発・提供することで、i-Constructionの普及に貢献していきます。

  本開発は、昨年の経済産業省およびIoT推進ラボの第2回先進的IoTプロジェクト選考会議「IoT Lab Selection」※1でファイナリストに選定され、同会議の支援機関の1つであるNEDOの事業として採択・実施しているものです。(※1 IoTを活用した先進的で優れたプロジェクトを選定し、官民合同による資金支援や規制等に関する支援を行う会議)

pdfのダウンロードはこちら