Aerosense_logo_leftside.jpg

2017年11月16日

 

 

 

報道各位

エアロセンス株式会社
シー・エフ・デー販売株式会社

エアロセンス、メルコグループの総合サプライヤーCFD販売㈱と販売代理店契約を締結

 この度、エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、デジタル家電及びパソコンの周辺機器の開発・製造・販売を行うメルコグループの総合サプライヤーであるシー・エフ・デー販売株式会社(愛知県名古屋市、代表取締役社長:中村智仁、以下CFD)と正規販売代理店契約を締結しました。

 CFDは、エアロセンスの「エアロボ測量」ソリューションパッケージ(エアロボマーカー、自律飛行ドローン及びエアロボクラウドサービス)を中心に、全国の主要家電量販店法人窓口、ECサイト及び同社法人専用直販サイトにて販売を開始致します。

 ドローンは近年のめざましい技術革新による機体制御安定化、導入コストの低下に加え、世界的な規制緩和の進展により、さまざまな分野で活用事例が増加しています。代表例としては、測量、建築、点検、輸送などがあげられ、これまで危険性が高く人間では対応が難しかった業務や非効率だった作業も、ドローンとクラウドを組み合わせることで、大幅な効率化とコストダウンを実現することが可能となりました。

 エアロセンスの「エアロボ測量」ソリューションパッケージは、その最先端のソリューションです。ドローン測量のワークフロー全自動化を実現し、現場での測量工数とデータ処理工数を大幅に削減致します。エアロセンスは、その自律型ドローンプラットフォームを核に、CFDの全国販売網を通じて、お客様と共に新たな価値を提供していきます。

[事例]「エアロボ測量」と従来測量の比較検証   http://www.aerosense.co.jp/case-0006/

   
■ 「エアロボ測量」ソリューションパッケージ
・エアロボマーカー        http://www.aerosense.co.jp/marker2/
・自律飛行ドローン「AEROBO」   http://www.aerosense.co.jp/multicopter/
・エアロボクラウド        https://aerobocloud.com/ 

図1.png

■エアロセンス株式会社について
エアロセンスは、ソニーとZMPの合弁会社として、2015年8月に設立されました。エアロセンスは、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かし、自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションの提供を通じて、より効率的なモニタリング・測量・管理・物流等を実現し、環境に配慮し安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。

■シー・エフ・デー販売株式会社について
シー・エフ・デー販売株式会社は、国内、海外メーカー製品の輸入、販売及び、PC自作パーツブランド『玄人志向』、自社ブランドメモリ、SSDの企画・開発・販売を行っております。当社製品は玄人志向ブランドのグラフィックボードを始め、多くのカテゴリで国内トップシェアブランドとして認知されており、多くのパソコンユーザーが弊社の製品を愛用しています。また、総合商社としてパソコン関連以外のIT製品、サービスも幅広く提供しております。

【本記事に関するお問い合わせ・資料請求先】
エアロセンス株式会社(http://www.aerosense.co.jp/)
住所:東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL:03-3868-2551、FAX:03-3868-2541

シー・エフ・デー販売株式会社(http://www.cfd.co.jp/)
住所:東京都中央区新川一丁目21番2号 茅場町タワー16F
メールアドレス:corporate@cfd.co.jp
TEL:03-3523-3370、FAX:03-3523-3385

pdfダウンロードはこちら