エアロセンス自律型無人航空機で大規模な土量測量を実施


2016年5月18日

 

 

 

報道各位

エアロセンス株式会社
東京都文京区小石川五丁目41番10号

 

エアロセンス自律型無人航空機で大規模な土量測量を実施
~南三陸町:盛土工事90ヘクタール分の測量工期・コストを大幅に削減~

 

 エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、2016年3月末に、自社製の自律型無人航空機システムを活用して、南三陸町で震災復興工事をしている約90ha(東京ドーム19個分)の土地を3Dモデル化し、3D CADの造成計画図と合成して切盛土量を自動計算し、従来手法比1/3の工期で、90ha全域の工事進捗を高精度・高密度に定量化・可視化致しました。

【実施したオペレーションの概要】

使用機体:AS-MC02-P        飛行面積:約90ha
飛行日数:3日(30ha/日)    撮影枚数:約6,000枚
飛行仕様:フライトパスに基づき自律飛行(プロポ操縦無し)

測量結果(90ha全域高精度3Dモデル)

測量結果(90ha全域高精度3Dモデル)

土量計測結果(グレー色は造成完了部分)

土量計測結果(グレー色は造成完了部分)

CADモデルと測量結果との合成

CADモデルと測量結果との合成

造成計画(宅盤)対比の土量多寡

造成計画(宅盤)対比の土量多寡

【エアロセンスの土量測量ソリューションのメリット】

工期短縮 従来手法6週間 → 弊社手法2週間(1/3に短縮)
高精度 平均誤差:平面方向3cm、垂直方向5cm
最大誤差:平面方向5cm、垂直方向10cm
高密度 土量計算ピッチ 従来手法20m → 弊社手法50cm(任意設定可能)
コスト削減 従来比およそ1/2
発展性 機体開発からデータ処理、クラウドサービスまでを全て自社で有し、お客様の目的に最適で安全なオペレーションをカスタマイズ提供可能。次回実施時は、全体フローを更に最適化し、工期1週間を目指す
全国展開 株式会社ZEGの協力のもと、全国8エリアからサービス提供が可能

【飛島・大豊・三井共同建設コンサルタント 南三陸町震災復興事業共同企業体様の声】

  • 従来手法では計測に1ヶ月以上かかり、その間に盛土工事が進んでしまうため(最大10万㎥)、工事の進捗を正確に把握することが難しかった。(現場所長様)
  • 50cmメッシュ(実用上)で土量計算ができるため、より精度の高い土量算出が可能となった。(現場主任様)

【本件お問い合わせ先】
エアロセンス株式会社
東京都文京区小石川五丁目41番10号
TEL: 03-4405-8535

エアロセンス株式会社について

エアロセンスは、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社と株式会社ZMP(以下、ZMP)の合弁会社として、2015年8月に設立されました。エアロセンスは、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かし、自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた産業用ソリューションの提供を通じて、より効率的なモニタリング・測量・管理・物流等を実現し、環境に配慮し安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。エアロセンスの詳細については、www.aerosense.co.jp をご参照ください。

pdfのダウンロードはこちら