エアロセンス、日本全国における包括目視外飛行承認を取得


2016年11月30日

 

 

報道各位

エアロセンス株式会社
東京都文京区小石川五丁目41番10号
 

エアロセンス、日本全国における包括目視外飛行承認を取得
~自律飛行による広域のモニタリング・遠隔地への物資搬送など適用範囲を拡大~

 

  エアロセンス株式会社(東京都文京区、代表取締役:谷口恒、以下エアロセンス)は、この度、自社製の自律型無人航空機において、通信路の確保・飛行空域の安全確認などの所定の運用条件の元に、目視外飛行の全国オペレーションを可能とする、包括飛行承認を取得しました。今後、自律飛行による広域のモニタリング・遠隔地への物資搬送の実証など事業の適用範囲を拡大して行きます。

【包括飛行承認の概要】

  • 許可承認号:国空航第7024号、国空航第6448号
  • 承認の対象:目視外飛行
  • 対象の機体:エアロセンス製 AS-MC02-P
  • 対象の運用:自社認定者による自社マニュアルに基づく完全自律飛行(離着陸も自動)
  • 対象の飛行:下記表のとおり

pdfのダウンロードはこちら