エアロセンス、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を福岡市で開始


2016年11月1日

 

 

報道関係各位

エアロセンス 株式会社
MSD 株式会社
アルフレッサ 株式会社

エアロセンス株式会社、MSD株式会社、アルフレッサ株式会社、
ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を福岡市で開始

エアロセンス株式会社(本社:東京都文京区、社長:谷口 恒、以下エアロセンス)、MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン、以下MSD)、およびアルフレッサ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:増永 孝一、以下アルフレッサ)は、10月24日に、国家戦略特区である福岡市において、ドローンによる災害時医薬品配送の飛行試験を実施しました。

今回の飛行試験は、福岡市西区小戸の海岸から、同市能古島に向け、約2.3キロの区間でマルチコプター型ドローンを用いて行われ、検証目的である長距離飛行、電波送受信、および、積載物の状態に問題ないことが確認されました。

現在、様々な業種・業態においてドローンを用いたビジネスおよびサービスの開発が進んでいます。災害時の孤立地に確実に医薬品を届けることは今後解決すべき社会課題のひとつであり、実用化されれば、有力な輸送手段のひとつとなります。

エアロセンス、MSD、およびアルフレッサの三社は、今後も福岡市の協力を得て様々な状況における飛行試験を継続し、2017年中をめどに、垂直離着陸型の固定翼ドローン(VTOL)による実用化を想定した実証実験の実施を目指してまいります。

pdfのダウンロードはこちら