自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた 産業用ソリューションを提供する合弁会社「エアロセンス」始動


報道資料

2015824日

自律型無人航空機とクラウドサービスを組み合わせた
産業用ソリューションを提供する合弁会社「エアロセンス」始動

~計測・データ解析・運用までカスタマイズしたトータルソリューションを提供~

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーモバイル)と株式会社ZMP(以下、ZMP)の合弁会社として2015年 8月3日付で、新会社「エアロセンス株式会社」(以下、エアロセンス)が設立されました。


エアロセンスは、ソニーのカメラ・センシング・通信ネットワーク・ロボット分野における技術と、ZMPの自動運転・ロボット技術・産業分野へのビジネス経験を活かし、建設、物流、農林水産等、生活を支える基幹産業におけるリーディングプレイヤーと協業しながら、2016 年前半より法人向けにソリューション提供を開始します。


新会社は、計測・データ解析・運用に至るプロセスにおいて、ニーズに応じてサービスをカスタマイズし、トータルソリューションを提供することを強みに、事業を展開する予定です。

<エアロセンスが提供するソリューションの特長>

  • 自社製の無人航空機(以下、UAV)を用いて、飛行エリア・飛行目的を予め設定。UAV はその設定に従って、離陸ボタン一つで自律飛行し、自動帰還。
  • 自律型UAVを用いることで、人為的な操作ミス及び設定目的以外での飛行を防ぎ、規制に則ったオペレーションを実現。
  • ソニーのセンシング技術及び通信技術を用いることで、高精細なイメージングと高速無線データアップロードを実現し、クラウドサービスとシームレスに連携。
  • 各産業分野のニーズに応じて、実際に取得する画像や動画、また、その後の自動解析(測量、スペクトル解析、画像認識)工程においてもアウトプットをカスタマイズ。
  • アップロードされたデータをクラウド上で並列処理することで、高精細2D マップ/3D モデルを即日提供することが可能。

エアロセンスは、ソニーモバイルとZMP、それぞれの強みを生かして、自律型UAVとクラウドサービスを活用したより効率的なモニタリング・測量・管理・物流等を実現し、環境に配慮し安心して暮らせる社会の構築に貢献していきます。

図1:エアロセンスが提供するソリューションのイメージ

図1:エアロセンスが提供するソリューションのイメージ

図2:エアロセンス製UAVの主な特徴

図2:エアロセンス製UAVの主な特徴

合弁会社概要

社名 エアロセンス株式会社
Aerosense Inc.(英語名)
本社 東京都文京区小石川五丁目41番10号
設立年月 2015年 8月3日
資本金 1億円
資本準備金 1億円
出資比率 ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社:50.005%
株式会社ZMP:49.995%
役員 代表取締役 谷口 恒 (ZMP 代表取締役社長)
取締役 佐部 浩太郎
取締役 小田島 伸至
取締役 嶋田 悟
監査役 高島 要
事業内容 自律型無人航空機によるセンシングとクラウドによるデータの処理・ 管理を組み合わせた産業用ソリューションの開発・製造・販売