自律飛行型ドローン AEROBO

完全自動で作業者の負担を大幅に軽減


AEROBO(エアロボ) 特徴

  1. 離着陸含めた完全自律飛行

  2. i-Construction対応

  3. GPSデータ埋め込み画像取得

  4. 高い拡張性、高性能カメラ搭載


最高精度の計測・解析を可能にするドローン(AS-MC03)と赤外線センサ、スペクトルカメラ、ズーム&iジンバルカメラ・輸送BOXなど、用途に応じた様々な拡張が可能なドローン(AS-MC03-T)がある。

 

AEROBO(エアロボ) 仕様

○AS-MC03  (測量・点検用ドローンプラットフォーム)

測量や点検用に特化し、高性能カメラを搭載。APS-Cサイズのイメージセンサは高感度で、高速でシャッターを切ってもきれいな画質を誇ります。また、メカニカルシャッター機構を備え、画像の歪みを抑えます。移動しながらの正確な撮影に最適です。独自のフライトプランにそった自動離発着、自動飛行を実現。カメラの画角、撮影インターバルなどに合わせて、測量条件を満たすフライトプラン(高度、速度、経路)などを自動で設定できます。

AEROBO+logo.png
AS-MC03仕様.png

○AS-MC03-T (カスタムソリューション向けドローンプラットフォーム)

自律飛行による運用が可能な大型フレームのドローンをカスタムソリューション向けのベースプラットフォームとして提供している。ベース部分は受注生産で、カスタマイズ部分は別途相談に応じて受託開発する。

Mk2-TP_std_web.png
主な諸元・機能の比較.png

カスタマイズ例

  • 軽量物資輸送

輸送用の脱着可能なペイロードBOXを備え、2系統の通信チャネルを使って2地点間の輸送に適する。

Mk2-TP_w_box2.png
AS-MC03-T(BOX)-2.png
  • 映像伝送

4K / 高感度 Full HD のズームカメラ +BLDC ジンバル

IR センサー(3 軸ジンバル付き)


 

HOME > 製品 > AEROBO