RTK精度のGPS機能を搭載した対空標識

現場での測量工数とデータ処理工数を大幅に削減


エアロボマーカーの特徴

aerobo-marker2.png
  • 標定点・検証点に置くだけ、地上測量が不要に

  • 独自のクラウド後処理で、RTK精度の位置情報を自動計算

  • 空撮画像上のマーカー位置を自動認識し、位置情報と自動的に紐付けすることで、GCPデータを自動生成

  • 本体のみで動作する簡単操作(タブレット連携も可能)

 

 

現場での測量工数削減

aerobo-marker1.png

軽量で簡単に設置可能なマーカーですので、測量現場での持ち運びや設置が簡単です。設置してボタンを押すだけで測量開始でき、1時間の設置で測量ができます。地上測量が不要になり、大幅に工数を削減することが可能です。

 

 

エアロボクラウドとの連携

 

エアロボクラウド上にエアロボマーカーから取り出したログと空撮画像をアップロードするだけで、測量データの補正、空撮画像中のエアロボマーカーの自動認識、画像上のマーカーとマーカーの位置情報を自動でマッチングし、オルソ画像や3Dメッシュ、点群データまで自動生成できます。手動の評定点入力が不要になり、全自動でのデータ処理を行います。

aerobo-marker-cloud.png

 

エアロボマーカーの仕様

marker-details.png

エアロボ測量の事例はこちらをご覧ください。

チラシのダウンロード

HOME > 製品紹介トップ > エアロボマーカー