RTK精度のGPS機能を搭載した対空標識

現場での測量工数とデータ処理工数を大幅に削減


AEROBO®(エアロボ) マーカーの特徴

aerobo-marker2.png
  • 標定点・検証点に置くだけ、地上測量が不要に

  • 独自のクラウド後処理で、RTK精度の位置情報を自動計算

  • 空撮画像上のマーカー位置を自動認識し、位置情報と自動的に紐付けすることで、GCPデータを自動生成

  • 本体のみで動作する簡単操作(タブレット連携も可能)

 

 

現場での測量工数削減

aerobo-marker1.png

軽量で簡単に設置可能なマーカーですので、測量現場での持ち運びや設置が簡単です。設置してボタンを押すだけで測量開始でき、1時間の設置で測量ができます。地上測量が不要になり、大幅に工数を削減することが可能です。

 

 

AEROBO®(エアロボ)クラウドとの連携

 

AEROBO®(エアロボ)クラウド上にAEROBO®(エアロボ)マーカーから取り出したログと空撮画像をアップロードするだけで、測量データの補正、空撮画像中のAEROBO®(エアロボ)マーカーの自動認識、画像上のマーカーとマーカーの位置情報を自動でマッチングし、オルソ画像や3Dメッシュ、点群データまで自動生成できます。手動の評定点入力が不要になり、全自動でのデータ処理を行います。

aerobo-marker-cloud2.png

 

AEROBO®(エアロボ) マーカーの仕様

marker-details.png

「AEROBO®(エアロボ) マーカー」解説動画

 

ドローンレーザー測量対応版も発売

ドローンレーザー測量は、通常の写真測量に比べ、広範囲をレーザーで直射計測していくので、対空標識の設置数は少なくて済みます。一方、太陽光発電所や風力発電所などの設営を目的に、写真測量では難しい山間部の地形を測る(等高線図を出す)ことに活用されることが多いため、その対空標識の測量には、普段人が立ち入らない山間部に高価で重いトータルステーションを担いで入山する必要があり、登山リスクとともに時間とコストがかかっていました。

エアロボマーカーレーザ測量1.png

そこで、従来の測量方法に対して、AEROBO® Markerのレーザー測量対応版は、1個500g未満と軽量小型で、かつ現場の通信環境に関わらず、GPS測位(相対)精度が1~2cmの測量を可能とします。これによって、これまでリスクもあり時間とコストがかかっていた山間部での対空標識の測量作業を大幅に軽減することができます。


AEROBO®(エアロボ) 測量の事例はこちらをご覧ください。

AEROBO総合パンフレットのダウンロード
AEROBOマーカー説明版チラシのダウンロード

HOME > 製品紹介トップ > AEROBO®(エアロボ) マーカー