ドローン物流・資材管理ソリューション


logistics

物流・資材管理ソリューション

物流のイノベーション


VTOLで拓く新しい物流

航空機開発の分野で、垂直離着陸機は幾度と無く開発が試みられてきました。しかし商業ベースでそれが成功することは難しく、結局、滑走路+通常の飛行機という組み合わせの経済性に及ぶことはありませんでした。

しかしUAVの分野では、この経済性は逆転するかもしれません。エアロセンスのVTOLは、地上から垂直にホバリングして上昇、一定の高度に達したらローターの角度を変え、水平飛行に移ります。場所を選ばない垂直離着陸性と、固定翼機の高速性、エネルギー効率を、一般的なドローンのコストで実現しているのです。

エアロセンスはこのVTOLを物流に投入し、例えば緊急時の医薬品輸送などに取り組んでいます。

vtolhover.png

垂直離着陸

エアロセンスのVTOLは、機体中心のメインローターと、機首、両翼の3つのサブローターで垂直に上昇します。指定した空間上の位置でホバリングして静止することも可能です。

緊急時に、荷物を積みこんだらすぐにその場で上昇し、移動を開始できます。目的地でも同じです。滑走路を作ることが難しい、例えば山間部への飛行においても、ピンポイントで垂直に降下し着陸することが出来るのです。

 
vtolfly.png

高いエネルギー効率で高速飛行

エアロセンスのVTOLの巡航速度は時速100km以上。水平飛行時は高度の維持にローターを使う必要がないため、マルチコプターと比較してより少ないエネルギーしか空中で消費しません。したがって、長時間連続で飛行することが可能です。

例えば、時速100kmで1時間飛行できれば、100kmの距離を移動することができます。これは、多くの離島へも飛行可能な距離。新しい物流の形が、エアロセンスのVTOLで誕生するかもしれません。

 
vtolcontrol.png

安全な自律飛行

もちろん、飛行は全自動です。事前に指定したフライトプランにしたがって、搭載された計器により機上主導で自律飛行。人間の操作によるミスを防ぎます。テレメトリーもクラウドで管理していますので、遠隔からウェブ経由で機体の状態をリアルタイムモニタリングできます。

 
 

人工知能で現場を監視

数年にわたる建設や建造において、資材置場の管理を緻密に行うことはその規模の大きさにより非常に困難な業務となっています。広大なエリアを長期間にわたって隈なく継続的に監視するという作業は、一般的に人間が得意とする仕事とは言い難い面があります。

エアロセンスでは、最先端のディープラーニングを応用したモデルを研究開発し、これを人工知能で実現しようとしています。資材置場のどこに何が何個あるのか。昨日と比べて変化があったエリアはどこか。いつもと違うことは起きていないか。これらを、自動・自律飛行のドローンが定期的に撮影する画像から、コンピュータが見出すのです。

logistics_genba.jpg

空撮画像で資材を自動管理

例えば何ヘクタールにも広がる資材置き場をドローンで上空から撮影し、それらの写真群を一枚の大きな画像に合成します。あたかも写真で出来た地図のようなものが出来上がります。エアロセンスでは、これをコンピュータで継続的に監視します。

広大なエリアを一定の集中力で同じように監視し続けることは人間には困難な作業です。人工知能によって、資材置き場などお客様の設備を継続的に、データ化しながら、効率的に自動管理するのです。

 

最先端のテクノロジー

エアロセンスは、ソニーとZMPのジョイントベンチャーです。テクノロジー企業同士の先端を、惜しみなく研究開発に投入しています。またそれだけでなく、数多くの企業と協力関係を築き、最先端の技術をドローンが切り開く分野に投入し続けています。お客様の課題に対して、既存のソリューションを当てはめるのではなく、それまでその分野で使われていなかった最先端のテクノロジーを投入して、お客様と共に新しいソリューションを作り上げることを目指します。

 

VTOL


AS-DT01-E

 

その他のソリューション