ドローン点検ソリューション


Inspection

点検ソリューション

空から点検


エアロセンスのドローンから撮影した画像を使って点検を行うソリューションです。空から点検することで、大幅な省力化・時間短縮が可能になるほか、今まで難しかった場所の点検も実現できます。

 

高精細写真

エアロセンスのドローンには標準でソニー製レンズスタイルカメラ「DSC-QX30U」を搭載。ソニーが誇るイメージセンサーにより、点検箇所を高精細に撮影します。

 

様々なカメラ、センサに対応

オリジナルのマウントシステムにより、標準カメラ「DSC-QX30U」を他のカメラに付け替えることもできます。例えば、ビデオカメラ、マルチスペクトラムカメラや赤外線カメラも搭載できます。(マウントできないものは、弊社のエンジニアがカスタマイズして取り付けます)

 

自律飛行

設定した点検経路を自動的に飛行します。点検は定期的に同じ箇所を確認することが重要ですが、エアロセンスのドローンは設定した経路を何回でも飛行することができます。設定した経路はステーションPCに保存することも可能。必要な経路をロードして何度でもお使いいただけます。機体に関する詳細はこちらをご覧ください。

 

クラウドでデータ管理

点検結果をクラウドで保存・管理します。煩雑なデータ管理はクラウドで自動的に行われ、データにはエアロセンスのWebサービス「UAVCLOUD」からアクセスできます。Webブラウザさえあれば、PC、Macはもちろん、スマートフォンやタブレットでもご利用いただけますので、点検現場ですぐに写真を確認することも可能です。場所、端末を選ばずご利用いただけます。クラウドサービスに関する詳細はこちらをご覧ください。

 

オルソ画像

撮影した写真を使ってクラウド上でオルソ画像を生成。オルソ画像を使えば、広い点検エリアであっても一枚の空撮地図で確認ができるので、大量の写真を効率的に検査することができます。

ortho.jpg
 

3次元データ

撮影した写真からクラウド上で3次元データを生成。点検対象箇所を立体的な3次元データで確認することができます。写真、オルソ画像と組み合わせることで、多角的な点検が可能です。

 

ワークフロー


具体的なワークフローに関してはこちらをご覧ください。

 

その他のソリューション