ドローンで現場に革命を


こんな問題はございませんか?

大変そう!


●「IoT導入、ドローン活用」の方法が分からない。

●ドローン空撮が流行っているけど、測量のやり方が分からない。

●落としたら怖いし、安全に運用したい。

手間がかかる!


●ドローンの飛行計画、カメラの設定など運用が面倒。

●対空標識の設定や計測作業が手間。画像から探すのが大変。

●膨大なデータの管理やソフトウェア間の受け渡しが手間。

正確?


●対空標識の計測精度は高いのか?

●3Dモデルの精度はどれくらいか?

●精度の評価方法が分からない。

エアロセンスの測量なら!!

ワンストップ


●ドローンHWからクラウドデータ処理までワークフロー全てを提供可能。

●お手持ちの機材やソフトウェアと組み合わせて利用できます。

●講習からメンテナンスまで安心の業務サポート。代行も実施。

ワンプッシュ


●ドローンやカメラの設定が用途に応じて自動で行える

●設置してスイッチを押すだけで計測。空撮画像からも自動検出。

●データアップロードだけで、処理は全自動。データ管理もラクラク。

●クラウド並列処理で約2時間で3Dモデル完成。

高精度


●±1cmの精度3次元網計算対応で測量グレードの位置補正付き。

●ミスの心配がなく、3Dモデルも5cm以内の誤差。

●測定精度レポートに加えて、マーカーと3Dモデルの差を使って精度レポートを自動生成。

 

 AEROBO(エアロボ)測量2.0 とは


ドローン測量に必要な機体、フライトコントローラー、対空標識、データ処理クラウドが全て揃い、標定点測量から空撮、データ処理までを自動で行うパッケージソリューションです。これまで時間がかかっていた現場作業や、モデル作成の工数を大幅に削減し、即日ドローン測量を導入できます。

AEROBO測量2.0.png
 

 AEROBO(エアロボ)測量2.0 導入効果


これまで座標計測や画像処理、データ作成に多くの労力がかかっていましたが、エアロボ測量2.0によって大幅に効率化可能です。
また、3次元測量によって、その後の設計・施工・検査も3Dデータを活用し、効率かつ安全に実施することができます。

エアロボ測量2.0導入効果.png
 

AEROBO(エアロボ) 測量 ワークフロー


1.AEROBO(エアロボ)マーカー

標定点・検証点に置くだけ

標定点・検証点に置いて、電源を入れるだけで作業完了。軽量小型で持ち運びも簡単・ラクラクです。スタティック測位、測位精度約1cmの高精度ドローン用対空標識。

■NETIS番号:KT-180029-A
■新技術名称:センチメートル級精度の対空標識「エアロボマーカー」

標定点・検証点に置くだけ.png

2.AEROBO(エアロボ)

撮影したい箇所をポイントして囲むだけ

撮影写真にエアロボマーカーが写り込むように飛行経路を作成し、2.5秒に1度シャッターを切るエアロボが完全自律飛行。飛行経路の保存も可能です。

囲んで飛ばすだけ.png

3.AEROBO(エアロボ)クラウド

撮影した写真をアップロードするだけ

エアロボマーカー、エアロボのデータをアップロードするだけで、クラウドに搭載したAIが、3次元化処理を全て自動で行います。測位結果は、メートル単位のX、Y、Z値としてCSV形式でダウンロード可能。3次元モデルやオルソ画像、処理レポートなどの測量成果物もダウンロードできます。

アップロードするだけ.png
 
 

AEROBO(エアロボ) 測量 紹介動画




HOME > ソリューション > AEROBO(エアロボ) 測量