お客様Voice -JX金属株式会社様
─ AEROBOソリューションの実証実験 ─


非鉄金属資源・素材のグローバルカンパニーとして社会の持続可能な発展に貢献されている、
JX金属技術本部情報システム部主席技師山野井隆様にAEROBOソリューションについてお話をうかがいました。

 
                                                     JX金属技術本部情報システム部主席技師山野井隆様

                                                    JX金属技術本部情報システム部主席技師山野井隆様

 
 

新技術の導入に向けて-業界トップとしてIT技術を強化-


当社では会社全体として、積極的にAI・IoTなどの新しい技術の本格導入を目指し、実証実験を進めています。今後のIoT社会に向けた企業競争力強化を目的に設備の自動化やRPA、ワークフローを活用した業務の効率化もちろん、世の中の変化にあわせ、新技術の検討・開発・実証実験を実施し、積極的に導入を推進しようとしています。

 

現場の声-ニーズは常に現場にあり-


JX金属は、銅を中心とした上流の「資源開発」から、中流の「金属製錬」および下流の「電材加工」「環境リサイクル」までの一貫した事業を展開しておりますので、多岐にわたっての多種多様な業務があります。その中でもドローン導入を検討している例として、現場の原料の物量把握の精度向上や建屋の点検等が挙げられます。現在、物量管理については現場で積み上げた原料やスラグなどを人が測量していますが、積み上げた山の細かな凸凹までは測量することができません。また、建屋点検については足場を設置し人が点検していますが、コストや時間がかかってしまいます。

 

AEROBOソリューション導入背景-決め手は現場目線-


上記の課題を検討する上で、ツールとしてドローンに目をつけました。親会社からの紹介で一度話をきいてみたところ、IoT技術を利用した完全自動飛行に非常に魅力を感じました。また、構造物の計測や飛行機の点検等、ベンチャーながら実績があり、技術的な開発も着実に進められており、お願いしてみようということになりました。数社検討しましたが、打ち合わせを進めるなかで、現場目線で会話が出来るなと感じたのが実証実験に踏み切った決め手ですね。

 
 主任 若松誠様、主任技師 山野井隆様、主任技師 泉洋一朗様

主任 若松誠様、主任技師 山野井隆様、主任技師 泉洋一朗様

RIMG0110.JPG
 

実証実験での結果:-課題も明確に-


新技術の導入には、3つの段階があると考えています。「Step1:技術検証段階」、「Step2:実地検証段階」、「Step3:運用検証段階」です。約1年にわたり、当社の大分と関東の事業所で実証実験を実施し、Step1と2ができたと考えています。完全運用ができるようになるまでまだまだ検証は必要ですが、結果は非常に有益でした。物量管理では空撮により詳細な形状まで捉えられることで物量管理の精度が上がり、建屋点検では足場設置コストや時間の削減につながることが確認できました。今後ドローン導入をご検討されている方もいらっしゃると思いますが、自動化がなされている部分がほとんどですので便利で安心できる一方、対象物の形状により、飛行方法を変えたり、画像解析の手法を検討する必要があること、天候や磁場等の環境要因を気にしなければいけない点、準備の手間などがあることを理解しました。

 

エアロセンスへの期待:-センシングが肝、ドローンはツール-


ドローン関連技術は日進月歩なので、確実に時代の波にのってほしいです。世界的に飛行技術自体は成熟していると思いますが、センシングについてはまだまだ多くの可能性があるのだと思います。エアロセンスさんは「空(エアロ)から様々なデータをセンシング(センス)したい」という趣旨のネーミングとききました。これからさらに出番が増えますね。

 

JX金属株式会社様 事例チラシPDFのダウンロード

関連プレスリリースはこちら

本事例に記載の情報は初掲載時のものであり、閲覧される時点では変更されている可能性があることをご了承ください。


AEROBOソリューションについての詳細はこちら

HOME > 導入事例紹介 > JX金属株式会社様 ─ AEROBOソリューションの実証実験 ─