お客様Voice -株式会社NIPPO様
─ 「AEROBO」導入事例 ─


今回は、日本における道路舗装部門の最大手企業として、舗装工事の技術革新を牽引される、
NIPPO様のAEROBO活用事例をご紹介します。

技術本部総合技術部生産開発センターICT推進グループ係長 其田 直樹様にお話をうかがいました。

 
       技術本部総合技術部生産開発センターICT推進グループ係長 其田 直樹様

      技術本部総合技術部生産開発センターICT推進グループ係長 其田 直樹様

 
 
 

ドローンの導入とその目的:


2015年の前半に、現場の3次元化や測量の代替手段としてドローンの活用方法がないかを検討し、研究開発をメインに徐々に導入が進みました。我々の部署では、ICT土工だけではなく、ICT舗装工を見据え、舗装工事で必須となるミリ単位の精度、出来形測量への適用、更には、道路の維持・修繕といった管理業務の効率化に向け、ドローン関連技術の実現場への導入を目指しています。

 

ドローンへの期待:


弊社が携わっている施設は道路やサーキット、競輪場等多岐に亘りますが、いずれの現場でも竣工の数年後~十数年後には、改修が必ず必要になります。その時に、最も重要なことの一つは、施設の変位を確実に計測し、竣工時と現状、及び改修後の各段階のデータ(や図面)を正確に把握することです。例えば、道路と一口に言っても、コンクリートの状態は、段階によって様々変化します。そういった都度の計測や比較に、ドローンが活用できると確信しています。というのも、これまでは目視や属人的な確認を行い、スケッチ等で行っていたことが、3次元の視覚的にわかりやすい正確なデータに変わるからです。勿論、レーザーを取り付けた車両で現場をくまなく走る、というようなこれまでの手法にすぐに取って代われるわけではありませんが、これからの技術革新には大いに期待しています。

 

AEROBOとの出会い・魅力:


エアロセンスさんは、ドローン及び関連技術のプロフェッショナルということで、自社で撮影した画像の解析や施設のドローン測量を適宜お願いしていました。他の会社にもお願いしたことがありましたが、事前準備や飛行計画書といった現場実施前後の体制がしっかりしているなという印象を持ちました。定期的に外注先としてお願いしていたのですが、ある時自社でドローンを飛ばす現場があり、対空標識設置の効率化を求め、AEROBOマーカーをレンタルしました。その時は正直、単なる自動計測の対空標識という理解でしたので、数回レンタルして終わりにしようと思っていたのですが、使ってみると、思った以上にAEROBOマーカーとAEROBOクラウドが非常にスムーズに連動していて、購入を即決しました。AEROBOマーカーでの標定の時間短縮もそうなのですが、AEROBOクラウドのシンプルさ、使い勝手の良さが印象的でしたね。画像をアップロードして、マーカーデータをアップロードして、計算開始ボタンを押して終了、という3ステップだけですから。

 
 
 
case-0013_pic2.png
 

今後について:


通常のドローン測量については、まず精度の向上は必須です。現時点では舗装会社のオーダーにフィットはしていません。ただ、ドローン測量は本当に時間短縮になるので、積極的に導入していきたいです。また、赤外線センサ等の活用も視野にいれているので、現場で使えるツールのラインナップがどんどん増えてほしいと思っています。

 

エアロセンスへの期待について:


エアロセンスさんへの期待は、AEROBOマーカーのような安価で高い技術・業界の一翼を担う製品開発をスピーディに進めていただきたいです。AEROBOマーカーも3脚対応やソフトウェアのアップデートが目白押しのようですね。引続き、業界を驚かす新製品を期待しています。

株式会社NIPPO様 事例チラシPDFのダウンロード

関連プレスリリースはこちら