お客様Voice・技術交流 株式会社大林組様

─ 「エアロボ測量」と従来測量の比較検証 ─

概要


エアロセンスと大林組は、岩手県の大規模造成現場にて、両社のUAV測量技術の交流を行った。本交流の目的は両社の最先端の技術を紹介しあい、より良い飛行・GCP測量・画像解析技術の模索、ひいては、業界全体の技術向上を図るものである。

 

大林組 様のコメント


土木本部本部長室 情報技術推進課(生産性向上チーム)杉浦様

大林組の工事現場で「エアロボ測量」を利用し、従来の解析時間と比較しました。
その結果、エアロボの測量時間は従来の半分でした。良い結果が出たと思います。
従来に比べ解析時間を大幅に短縮できるのは、大林組のUAV搭載カメラに位置情報タグが搭載されていないからです。昨今のUAVは位置情報タグの搭載が一般的になりつつあるので、当該カメラを使っている方においては、今回のように解析時間を短縮するのは難しいと思います。 しかし、GCPの測量時間を半分にできるのは、とても大きな魅力だと思います。 工事測量でUAVの利用を開始してから既に3年。GCPの測量すらも時間短縮できるツールが出てきていることに感心しました。

 

飛行・解析条件


大林組飛行解析結果.png
 

結果・比較


大林組比較結果1.png
 

空撮結果


大林組_空撮結果.png
 

標定点測量成果


B03大林組_photo22_2.png
B03大林組_photo21.png
  • 計測値は、現場最近傍の電子基準点(山田)を基準局としたときのGNSSスタティック測位値。
  • 計測時間は、各標定点につき1時間。2回計測。
  • 1回目と2回目の計測値偏差は、平均ΔX~0.4cm、ΔY~0.4cm、ΔZ~1.2cm。
  • 後述のモデル精度評価では、一部の標定点を使ってモデルを補正し、精度評価を行った。
 

点群モデル精度


B03大林組_photo32_2.png
B03大林組_photo31.png
  • 標定点0, 1, 4, 5, 7, 8, 12, 14の8点(右図黄色点)を使ってモデルを補正した。
  • 検証点2、10、13(右図赤点)を用いて、点群の精度評価を行った。
  • 水平方向 最大誤差2.0cm、高さ方向最大誤差1.6cm。
 

エアロボ測量についての詳細はこちら

 

HOME > お客様Voice 導入事例トップ > 株式会社大林組様 ─ 「エアロボ測量」と従来測量の比較検証 ─